ロダン&フィールズを楽しむ
2020年9月6日

海の恵みで作られたロダン+フィールズの美容液の概要

アンチエイジングという言葉をご存知ですか。昨今は女性だけでなく男性の間でも美意識が向上しており、実年齢とは違って若々しい外見をキープされている方が多くなりました。アンチエイジングとは若さを保つための行動と直訳することができ、世界各地でアンチエイジングを謳った美容化粧品が数多く販売されています。アメリカを代表する化粧品メーカーのロダン+フィールズでも、2000年初頭から美容化粧品の取り扱いを開始されました。

ロダン+フィールズは1960年にアメリカ合衆国カリフォルニア州で誕生した会社で、女性2名で立ち上げられました。会社の理念として「自然の恵みで美を実現する」を掲げられており、現在もこの理念のもとで経営を進められています。ロダン+フィールズが開発・販売している美容液はまさに、その理念を形にしている製品です。その美容液とは海の恵みをふんだんに用いたもので、無添加・無香料なのが特徴です。

2010年に販売を開始した美容液には、カキ・コンブ・海水などの海洋性物質が含まれています。カキにはアンチエイジング作用の高いプロテオグリカンが豊富な量で含まれ、コンプは細胞分裂を活性化させる作用があります。さらにカリブ海沖の塩分濃度が80%という海水を美容液に含ませたことで、使用すると肌の水分含有量を増加させて瑞々しい肌をキープすることが可能です。この美容液は、ロダン+フィールズの美に関する長年の研究の賜物といえる美容化粧品です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *