ロダン&フィールズを楽しむ
2020年10月9日

乾燥肌にセラミド入り化粧水

セラミドは肌の中にあり重なり合っている角層細胞の隙間を埋めて水分や油分を抱え込んで肌に潤いを与える細胞間脂質で、肌表面に潤いを与えキメを整えて乾燥や摩擦、紫外線などの外部刺激から肌を守る効果があります。減少してしまった肌はバリア機能を失って、乾燥に弱くなり肌トラブルを起こしやすい敏感肌になります。もともと人間の体が作り出すことができる成分で、子供の肌には多く存在していますが気候の変化や間違った肌のお手入れが原因で減少し、加齢とともに作り出す量も減ってしまいます。足りなくなってしまった分を補うためにはセラミド配合の化粧品を使用するのが効果的で、化粧水を使用すれば乾燥した肌に足りない水分も与えることができます。

化粧水は肌になじみやすくべとつきがないため誰でも使いやすく、角層の奥まで浸透しやすいという効果がありセラミドが少なくなった角層にすばやく届けることが可能です。化粧水をつけるときには肌に刺激を与えないようにコットンは使用せず、手のひらでつけるようにします。顔全体になじませ、乾燥が気になる部分には重ね付けをして十分に潤いを与え、最後に手で押さえるようにして浸透させます。選ぶ際にはセラミド以外の保湿成分も配合されているものがより保湿効果が高く乾燥をケアすることができますが、敏感肌になっている場合にはできるだけ肌に負担がかからない添加物などが含まれていないシンプルなものを選ぶことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *