ロダン&フィールズを楽しむ
2020年10月21日

乾燥肌を改善するセラミド化粧水の選び方

セラミドは、人間の細胞内に存在する保湿力の高い成分です、水分によって肌を外からの刺激から守ります。そのため、乾燥肌に悩む人に向けたセラミド化粧水がたくさん販売されています。肌の水分量を上げるためには、それらの化粧水を使うことは理に適っていますが、選ぶ時に注意する点があります。セラミドには、ヒト型、疑似型、植物型の3種類があります。

ヒト型は、人間が本来持っているセラミドとほぼ同じ構造を持ち、化粧水として使用した時に高い保水力が期待できます。また、刺激も少なく、どんな肌質の人にも使いやすいという長所もあります。その他、分子が細かくナノ化されたものも、浸透力が高く良いとされています。一方、疑似型や植物型は、構造的には似ていても、ヒト型のような保水効果は期待できず、気休め程度の効果しか得られないことが多いようです。

また、コラーゲンやヒアルロン酸など、セラミドと相性の良い美容成分が配合されている化粧水は、相乗効果も期待でき、より高い保湿効果を実感できるでしょう。化粧水を肌につける時も、ただ単に肌につけるだけでなく、深層まで浸透させるイメージで丁寧につけることが大切になります。まず、手のひらにとり体温で温めてから、優しく押さえつけるように肌になじませます。顔のそれぞれの部位につけるごとに、手のひらで3秒ほど押さえて密着させ、肌の奥へと入れ込みます。

しっかりと肌の奥まで浸透すると、手のひらに肌が吸い付くような感触になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *