再生可能な資源としても有効なダンボール箱

ダンボール箱はダンボールを使った箱のことで、ボール紙を表と裏、それに中に段を付けることで強度をもたせたものです。


現代では様々な商品の梱包に使われており、宅配便などでもこのダンボール箱に入れて送るのが一般的です。

ダンボール箱が最近こちらで話題になりました。

一方で紙でできているものですから、再生可能な資源としても知られています。


多くの自治体ではゴミ収集の際にはダンボールは資源ゴミとして回収されていますし、廃品回収の業者も回収の対象としているものです。



これら使われた後のダンボール箱は古紙回収業者に引き渡され、さらに製紙工場が購入して紙の原料となります。


100%再利用されて再びダンボールになるわけではありませんが、その大半が再生されたもので作られるので紙の原料となる森林資源を節約することができるものです。このような再生されるダンボールのメリットは、資源の節約だけでなく基本的には使い捨てで使われるので製品を梱包する際の清潔性や衛生性を高めることができますし、元が加工しやすい紙ですので様々な大きさの箱を作ることが可能ですし、商品の寸法に合わせても作ることができるので商品を確実に運ぶという点でも優れています。



一方で地元の資源は紙ですのでプラスチックを使った梱包材と比べると、自然に捨てられリサイクルの輪から外れてしまった場合でも最終的には土に還るので、自然環境に与える負荷も小さくなると言ったメリットがあります。

価格についても安価に供給されているので、様々な業種で利用することが可能です。