ダンボール箱を組み立てるときのテープの貼り方

category01

ダンボール箱を組み立てて荷物を詰める、このようなときには梱包用のテープで底面を固定することになります。

クロス組はテープを使わずに組み立てができるのですが、重量があるものを入れると重さで底が抜けてしまい大切なものが箱の中から落ちてしまうなど軽いものならクロス組でも良いのですが、ある程度重量があるものや多数を詰めて重くなる場合には梱包用のテープでしっかり固定することが大切です。

ダンボール箱情報ならこちらをご利用ください。

ダンボール箱を組み立てるときには、両側を持ち広げるようにして作り箱の形にして行くことになります。

箱の形にした後は、つなぎ目部分をテープで固定して外れないようにします。
これは1の字と呼ぶ貼り方で、ある程度重量があるものを詰めても耐久性を得ることはできますが、中にある品物の重さで底が抜けることもあるので補強が必要です。



補強の方法には十の字とHの字の2つがあり、十の字は縦方向にテープで固定した後に左右が広がらないよう左右をまたぐようにテープを貼り付けるやり方です。
Hの字の場合は、左右の端に中心の1の字に対してHの文字になるようテープを固定するやり方で、ダンボール箱の耐久性をさらに向上できるメリットを持つ組み立て方です。


書籍などを詰めて運搬するときなど、Hの字の形になるようテープで固定していけば、箱を持ちあげたときでも本の重さで底が抜けることがなくなる、安心して引っ越しのダンボール箱の形で利用できるなどのメリットになります。



ダンボール箱の驚く情報

category02

ダンボール箱はダンボールを使った箱のことで、ボール紙を表と裏、それに中に段を付けることで強度をもたせたものです。現代では様々な商品の梱包に使われており、宅配便などでもこのダンボール箱に入れて送るのが一般的です。...

subpage

初心者向きダンボール箱

category02

ダンボール箱は紙でできたものやプラスチックでできているものなどがあり、様々な場面で活用されています。中でも一般的に広く使われているのは、紙製のものです。...

subpage

ダンボール箱の知っておきたい常識

category03

物品倉庫などで日常的に使われているものとして、ダンボール箱があります。ダンボール箱はある程度一般的なサイズが決まっており、各会社で分かりやすい名前が付けられています。...

subpage

ダンボール箱の実態

category04

ダンボール箱を通販サイトを利用して仕入れ、それをオンラインショップの中で利用するユーザーさんも多いのではないでしょうか。オンラインショップにおけるダンボール箱は、商品購入をしてくれたお客さんに品物を届けるために欠かすことができない存在ですが、どのような品物を送るか箱の中身を大切に考える目的でしっかりとしたダンボール箱と梱包材は欠かすことができません。...

subpage