ダンボール箱のサイズと特注

物品倉庫などで日常的に使われているものとして、ダンボール箱があります。ダンボール箱はある程度一般的なサイズが決まっており、各会社で分かりやすい名前が付けられています。

明日に役立つダンボール箱情報のお得な利用法をお教えします。

例えば本を扱っていて、A4サイズの本を一列に入れる作業が多い場合、そのサイズに適したダンボール箱にはそういった名前が付けられている事でしょう。
とても大きいサイズに、小さな商品を入れて発送してはもったいないだけでなくコストも掛かってしまいます。宅配にはサイズと重量が掛かってくるだけに、出来るだけスペースに無駄のない梱包が重要なのです。

様々な商品を扱う倉庫において、ダンボール箱のサイズも多数用意されていて、その都度ちょうどいいものが利用されているのです。



ただしどんなものにでもちょうどいいものがあるとは限りません。

例えばポスターを送るとなった場合、丸めて筒状のものが適しています。
しかしポスターとマグカップを同時に送るとなると、なかなか難易度が上がってしまうでしょう。
基本的に個口が増えると金額が上がってしまうので、出来るだけ一緒に梱包したいので、そこにはスキルが求められます。会社によっては専属のダンボール工場と契約していて、オリジナルなサイズを特注しているところもあります。
特注は新しく金型を作らなくてはならないためお金が掛かりますが、梱包する量が多くなるとそちらのコストの方が膨らんでしまうため、それ専用のダンボール箱を作る選択をする場合もあるのです。